生理痛が起きる原因って?

こんにちは、妊娠をめざす女性の体づくりをサポートする会社Saffron(サフラン)です。

涼しくなったと思ったら昨日は暑さがぶり返しましたね。あるイベントに子どもたちと行ったのですが、野外で遊ぶのは30分が限界でした。

寒暖の差が激しい時期ですので、日々の気温にあわせてこまめに対応したいですね。

さて、今回は多くの女性が悩まされているといわれる生理痛について。
a0001_012474_m

毎月やってくる生理ですが、その時の痛みが仕事や勉強が出来ないほどひどい人もいれば、ほとんど痛みがなく普段通りに過ごせる人もいますね。

また痛みの出る場所や期間・痛みの程度もさまざまです。

そもそもなぜ生理痛というのは起こるのでしょうか。

妊娠が成立せず不要になった子宮内膜が剥がれ落ちるのが生理ですが、この生理期間中は子宮内でプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。

プロスタグランジンは経血を押し出すために子宮をぎゅっと収縮させる作用を持っています。

不要になったものを排出しなければいけないのでこのホルモンの分泌は必要なのですが、経血を押し出す役目を果たす以上の量が分泌されると過剰に子宮が収縮することになり痛みにつながると言われています。

また、子宮口がもともと狭いために起こる生理痛もあります。

子宮口が狭いとこの部分が経血の排出によってぐっと圧迫され、大きな負担がかかってしまうために痛みを起こします。

このタイプの生理痛は子宮がまだ未成熟な10〜20代前半の女性や出産経験がない女性に多いと言われていて、年齢を重ねたり出産を経験することで子宮口が柔軟になり症状がやわらいでいくことがあります。

ただしプロスタグランジンの分泌量の多さも併せ持っていると根本的な改善は難しいのだとか。

どちらのタイプの生理痛にしても日々の生活への影響は大きいので、症状を和らげることを考えたいですね。

では生理痛を少しでも軽くするにはどうしたらいいのか…については次回お伝えします♪




ここまで読んでくださりありがとうございました。

30代向け女性誌人気No.1の『In Red』でも紹介されました☆当店オリジナルサプリメント『ザクロ・マカビューティ』は通販オンラインショップ サフラン にて好評発売中です☆

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>