【男性も妊活しよう3】食生活の改善

こんにちは、女性の健康な体づくりをサポートする会社Saffron(サフラン)です。

今日地下鉄に乗っていてとてもオシャレな男性を見かけました。アイロンのきいたシャツにジャケットとジーンズを合わせておられたこの男性、おそらくお年は70代以上。

電車内でもずっと立っておられて、目的の駅に着くと颯爽と降りていかれました。

凛とした雰囲気がとても印象的で、年を重ねてもオシャレを忘れないってすばらしいなあと痛感した次第です。

さて、今回は【男性も妊活しよう】第3弾。

食生活に焦点を当てて考えてみたいと思います。

20~30代男性は最も体力がある年代ですが、同時に仕事が忙しくストレスをもっとも大きく受けがちな年代でもあります。

忙しさに流されて食生活が乱れてしまいがちになり、ついついインスタント食品やジャンクフードを口にする機会も多いのではないでしょうか。

インスタント食品やジャンクフードには保存料や添加物がたっぷり含まれているものがほとんどです。

これらをごく少量であっても頻繁に摂取していると精子の質の低下や数の減少につながると言われています。

たとえば仕事が忙しくてついお昼はファストフードですませる…夜遅くなったので夕食はカップラーメン…こういった食生活を週半分以上の頻度で続けている方は要注意。

食生活の改善は妊娠をめざす女性にとって大切なアクションのひとつですが、男性にとっても同じくらい大切なことなんですよ。

とはいえ、あまりに気を使いすぎて疲れてしまっては本末転倒ですから、気楽に少しずつ改善していける方法を実践しましょう。

まずインスタント食品やジャンクフード・お惣菜などについては週に1日でいいので食べない日をつくってみます

週1日だけというのが続けるコツです。「簡単にできるよー」と思えるくらいのハードルから始めるのがいいんです^^

これを一週目、二週目と続けられて1ヶ月経ったら、食べない日を週2日、3日と増やしていきましょう。

こんな風にゆっくりと食生活を変えていくと、不思議なことにだんだんこれらの食品が以前ほどおいしく感じなくなってきます。

そして「疲れているけど野菜サラダをさっとつくろうかな」といった気持ちが起きてくるんです。

これは仕事一辺倒だった頃にひどい食生活を送っていた私自身が一念発起して取り組んだ体験から声を大にして言えますので、ぜひやってみてください!

またさまざまな加工品も保存料や添加物の宝庫ですが、これらをまったく食べないというのはなかなかできませんよね。

加工品については、購入する際に袋裏面の原材料表記をいくつかの商品で比べてみて、添加物がより少ない商品を選ぶところからスタートしましょう。

いきなり「今日からは絶対食べない!」と頑張りすぎず、より添加物が少ない商品を選んで食べようというくらいのゆるさを持って取り組むと、ストレスなく続けられます。

そしてもうひとつ、化学物質を体内に入れないようにすると同時に体外へ排出する努力をすることも大切な考え方です。

有毒な物質を解毒する働きをする各種ビタミンやミネラル、毒素の排出機能が高い食物繊維や豆類を積極的に摂ったり、お茶やお水などをこまめに飲んで排尿をしっかりするといったことを心がけましょう。

忙しくても続けられそうな方法からまずトライしてみてくださいね。

a0002_010140_m




ここまで読んでくださりありがとうございました。

栄養バランスが気になる方におすすめ☆当店オリジナルサプリメント『亜鉛・マカセレクト』は通販オンラインショップ サフラン にて好評発売中です☆

バナー468×60

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>